FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年一昔と言いますが、

箪笥より24年前の私です。
フィルムスキャンで24年の月日がどう再生するか試してみました。

20数年前のネガと先週のネガ・・・ほとんど変わらないというか、先週の画の方が古臭いです(笑)


あらゆるもの失念(汗)はじゅかしいのでちょっと小さめに(意味なし)

・・・髪の毛がある。

高校の春休みに指宿、高千穂へ友人と旅行に行った際の一枚です。
なんだかホケーっとしてますよね^^;

後ろの方に写っているのは、車両の中間にある車掌室のようなものなのですが、
学生だけの旅行というものは怖いもの知らずですよね。
丁度この写真のときに、あるエピソードが残っているのですが・・・


後ろに写っている車掌室が扉が開いたままだったのですが、
なにげなく友人3人とその中に入り団欒しておりました。

丁度駅は延岡駅でした。
出発時刻になってもなかなか出発せずに、電車の警笛がリズムを刻むように「パーンッ、パーンッ」と鳴っているのです。
うるさいなぁ・・・早く出発しないかなぁ・・・と思っているが矢先。
私がなにげなくリズムを刻んでいたペダルがあることに気づきました・・・

そうです。その電車の警笛を鳴らしていたのは「私」だったのです(汗)

それに気づき、慌ててその場を離れ普通の客席に友人と共に行きました。
そのときの写真です(笑)

その後、駅員さんが息を上げながら車掌室へとやってきて、辺りを見渡していましたが、既に静かになった電車は間も無く別府へと向かって出発しました。

若気の至り?
スポンサーサイト

コメント

タイムトリップがScannerで可能になるってオモシロイですね♪
このような画を拝見すると物凄く人生とは短いのかも!なんて思ってしまいます(深いですね~)

Lilywhitesさんコメントありがとうございます。
もっと色々なネガが残っていれば愉しかったのでしょうが、数少ないネガの中から選んだのでこんなお見苦しいもので申し訳ありません(汗)
確かに刹那ですよね。
そういう意味でもカメラで今を切り取るという作業は大きな意味をもつものになるような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。