スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一服


CANON EOS10D + ASAHI PENTAX ST55/1.8

煙草止められません。



※このデータは、少々レタッチしています。
いつもコメントをくださるLilywhitesさんに興味を持っていただいたので、私なりの方法をお見せしたいと思います。
皆さんのご参考になれば幸いです。



Photoshopでのレタッチです。

まずは原画です。(原画は大きいままでの作業です。)


最初はレベル補正で少々暗部に幅を持たせます。
大体見た目で収めますが、今回はこのような感じです。


次にトーンカーブです。
RGB全体で更に暗く落としています。


同時にブルーチャンネルを調整しています。(少しだけアンバーに振るのが好みのため)


最後ですが、(コレが多分フィルムっぽく見せるコツだと思います。)
調整レイヤーの「特定色域の選択オプション」にて、ブラックを調整し、暗部にシアンを少し乗せます。


で、完成♪(この時点でリサイズします。)


と、まぁこんな感じです。
スポンサーサイト

コメント

私も愛用して全幅の信頼を置いているTakumarの中のタクマー55/1.8ですが、この作品、ネガっぽいですね(というかデジタルに見えないですね♪)! レタッチしてこうなるのか興味があります。 タバコ私もやめるつもりもなく(笑)、灰皿発見しては一服ですね~。

Liliwhitesさん。コメントありがとうございます。
みっかっちゃった(笑)
これは、こっそりレタッチしてます。ついでに詳細を記事に追記しますね。
自分的にネガっぽくする簡単なコツがあるので発表します。

なるほど、レタッチ参考になります!
古いレンズで撮った!という感じに出したいな、と思っていたところなので、ちょうどよい記事にめぐり合いました。

超琢磨の55mm/F1.8、コストパフォーマンス最高ですよね。私も好きなレンズです。
ところで私も喫煙者(とほほ)

凄い!僕もこれ参考にしてみます
こんな操作はあまりした事が無いのです
ほんとデジタルなのに、まるでfilmカメラの様な素朴な
色合いが出るんですね

越渓さんコメントありがとうございます。
参考になれば幸いです。
そうなんです。ST55/1.8はとても素直に描写してくれるので、レタッチ凄くしやすいです。
フィルムのようにというか、自分好みって感じなんですが、黒をできるだけ潰れない程度に絞めてそれにシアンを乗せるとなんだかアナログチックになるように思えます。
一度試してみてください。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
レベル補正やトーンカーブはよく使いますが、特定色域の指定オプションは私も以前はあまり使っていませんでした。
カメラをやるようになって、色々いじっているうちに自分の好きな色だしの肝になった感じです。
更に印刷する場合にはアンシャープマスクで少しエッジを出してあげるといい感じになりますよ?

私もたばこはやめる気もなく吸いつづけていますが、そろそろ潮時かも・・。
ところで、レタッチ大変勉強になりました。
フィルムで撮ってる私としては逆をやればデジタルっぽくなるかしらん?(笑)

うっちーさんコメントありがとうございます。
煙草は止めようと思ったときが勝負時と聞きます。人から止めろと言われても無理ですもんね。
私は・・・(汗)
フィルムの場合にも基本的にスキャンして取り込んだ時点で補正が入る場合が多いですからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。