FC2ブログ

Nostalgic Scenery


CANON EOS10D + CZJ Flektogon20/2.8

続けて同様の退色系でのレタッチ。
撮ったときはこんな風に枯れた感じっていいなと思って撮ったのですが、どうもその感じが伝わって来なくてストックされていました。

リアルな再現とはまた違いますが、頭の中の心象風景とは近くなったかなと思います。
自分が幼少の頃駆け回った街角。転んで膝をすりむいたのだけど泣かずにぐっと堪えて自宅に帰った途端に泣き出したり・・・




元画像はこのような感じです。
確かに暗部が原画には残っているし色の諧調も豊富ですね。

しかし、今を写しているので、自分の感情移入がしにくいです。
スポンサーサイト



コメント

なんか凄く素敵なイメージですね
懐かしくて暖かくて、いいなー
まるで絵の様な感じですね。

コメントありがとう
そうそう、私の子供の頃はこういう板張りの家ばかりでした
他の作品のコメントにもありましたが
ガキ大将がいて鼻水をたらし、缶けりや、かくれんぼ
めんこやべー駒ビー玉
暗くなるまで外で遊んでいました
そんな情景が浮かんできました

こんな情景をスナップする街灯さんに脱帽です
私も絶対撮って見せるぞーーー。
私のモニターで見る限り
個人的にはレタッチ前のほうが好きです。
(ちょっと生意気でした)

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
懐かしいですよね。
そうなんです。まさに絵を描く感覚で今回はレタッチしました。
写真というジャンルでいくと邪道かもしれませんが、愉しいんですもん(笑)

tettyanさんコメントありがとうございます。
郷愁を感じてしまう自分の歳を自覚してしまったりもしますが・・・(笑)
昔の白黒のフィルム映画を見て、それを思い浮かべるときに色がついたら自分の頭の中ではこのような感じかなぁ・・・という感じです。

生意気なんてとんでもないです。
原画のほうが素朴さはありますからね。
自分が手がけるとどうしてもくどい絵が仕上がってしまうのです。
そこまでしないと自分が納得できないようでこれが自分なのでしょうね。

このレタッチはとても良いですね♪
んーーーー言うなればツボですw

自分が子供の頃遊んでいた風景を連想させますね。

synさんコメントありがとうございます。
synさんと自分のツボは似てるかもしれないです。
この絵は今までのと違い、自分の心象風景を再現しようと思いレタッチしたので、
仕上げる段階での落とし所がはっきりしていました。

それまでのレタッチはこんな感じかな?あんな感じかな?
と色々レタッチそのものを愉しんで遊んでいたように思います。

こういう絵が作りたい。こういう写真が撮りたい。と
はっきりとしたものがあると少し違うのかもなと思ったり思わなかったり(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: