FC2ブログ

LOMO風味


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4 F1.4 + Photoshop

フォトショップのプラグインを配布してくださっているpentacomというサイトに画像をトイカメラで撮ったようにエフェクトしてくれるプラグインがあったので使ってみました。
四隅の光量を落としてくれたり、少しルーズ感を出してくれたりと雰囲気が違ってきますね。

一旦テンプレート変更。多分すぐに戻します^^;

少し色を変更して元に戻しました。


元画像はこのような感じです。


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4 F1.4

元画像がもっとシャープなものだったら更に変化があるんだと思います。
オールドレンズファンとしてはこういう画像も面白く感じました。

繊細さや立体感はやはり元絵のほうがありますね。

といいつつ、写真が巧くいかないのを様々な手法で誤魔化す術を模索し始めているという噂がちらほら・・・
やはり下手は下手なりに真っ向勝負を挑むべきと思いつつ・・・(汗)

最近は素直に撮って出ししてないなぁ・・・
スポンサーサイト



コメント

有難うございます! 早速試してみましたが、面白いですねこれ!こんどコレを駆使したものをブログに貼り付けてみたいと思います。

Lilywhitesさんコメントありがとうございます。
数あるエフェクトはあれど、画像を劣化させるためのエフェクトというのも珍しいですよね?
それが味になるような原画との組み合わせにピンとくるようになれれば更にこのプラグインも生きてくるのでしょうね。

ふむーなるほど。面白い効果ですね。
画質の良し悪しと写真の良し悪しは別ですから
これは大いに私も気になるところです。
この作例の場合、1枚目の方が雰囲気あって良いですね!

synさんコメントありがとうございます。
知り合いが言ってたのですが、カメラやデータのデジタル化が進むにつれ、カメラマンと同時にレタッチの職人のような分野の人の担う役割がとても大きくなったそうです。
このようなギミック的なレタッチもあるでしょうし、より自然に魅せるたみにも手をかけるということも出てくるのでしょうね。
これはこれでとても奥が深いし面白いように思えます。
難しいですけどね?^^;

なるほど、随分と落ち着いた感じになりますね。
トイカメラ趣味はないのですが、レタッチ前後の絵を見せていただくと、
こういうのもありかな、って思えますね。

うっちーさんコメントありがとうございます。
トイカメラだ何だという風に分けるというより、なんか愉しい、面白いと思えたらこだわらずに愉しんじゃえって感じです。
今までのカメラや写真との関わり方とはちょっと違った分野ではあるかもしれませんね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: