スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dessin #135


K10D + FA43mm F1.9 Limited

解体の決まったビルの片隅。
半蔵門にて。
スポンサーサイト

コメント

こういう写真よいですねー。
静かな佇まいの中に強く沸き立つものがある、といったらよいのでしょうか。
現実を切り取っているのではなく、
現実に秘められたものを引き出している感じですね。

人工物のもろさと自然・植物のたくましさ・・・そして構図の妙。

PENTAXは新機軸のデジ一を出す可能性を検討しているようですね。
昔のカメラと似たデザインだけというのはイマイチ面白くない。
OLYMPUSのE-410に対抗してグリップが小さい小型軽量デジ一を出して欲しいなぁ。

風待鳥さんコメントありがとうございます。
この場所は、向かい側のビルの窓ガラス等色んなものの反射なのでしょうが、妙な光の回り方してました。
その光の加減がとても魅力的でした。

UPYさんコメントありがとうございます。
Pentaxは、ライブビューの類の特許を取ったそうですね。
その辺りを出そうとしているのでしょうが、UPYさんの仰るとおり、E-410と比較検討したくなるようなカメラ出して欲しいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。