スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dessin #102


*istDS + FA31mmF1.8Ltd.

本日はモノクロにて。






普段とちと違うモノクロ変換。

”繊細かつ先鋭そして柔らかく”てなつもり。
スポンサーサイト

コメント

モノクロの明るい所での撮影の頭の中でのイメージ作り、難しいなーといつも思ってしまいます。特に木々の多い所でのモノクロ写真のメリハリの付いた写真を撮るのが、僕は少し苦手意識を持ってしまいます。そんな時はリバーサルで撮り、それをモノクロ変換する事があります。そうするとカラーで確認しながらモノクロに出来るので、結構上手くモノクロが出来たりします。

フィルムのモノクロとは違う雰囲気のモノクロですね。(コントラストの差?)
確かに緻密で柔らかい感じを受けます。
フィルムを木版画とすれば、こちらは銅版画といったところでしょうか。

こんばんは~
モノクロは見る人の想像力を刺激しますよね。
今回は1枚目が一番成功しているのではないでしょうか。
などと生意気を言ってみるUPYです。(^o^;

今日は雨の中お疲れ様でした。
どのような写真がアップされるか楽しみです♪

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
今回は敢えてコントラスト、主題となりそうな色の強調等を抑え目にして出してみました。
確かにカラーの単なるモノクロ化はモノクロで最初から撮っているもののそれとは別の出方しますからねぇ。

風待鳥さんコメントありがとうございます。
そうですね。フィルムの選択にもよるでしょうがあまりこのような感じのものは見かけないかもしれませんね。
木版画と銅版画ですか。面白いですねぇ。
今度ちょっと意識してみたいと思います。

UPYさんコメントありがとうございます。
どの写真ももっとコントラストを効かせれば見栄えは良くなるのですが、ちょっと実験的にやってみました。
確かに一枚目は縮小する前を見ると更に解像感があってイイ感じです。
本日はありがとうございました。
私も楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。