FC2ブログ

Shadows

#1


*istDS + CZJ Flektogon35/2.4

時刻はPM3:00頃。
所用の合間、ほんの15分程ではあったのですが眩しい光に誘われてカメラを手にしました。

本日の主役は「影」。


#2



#3



#4



#4の画の主役は光ですが、影なくして光存在せずということでお仲間入り。

この「CARL ZEISS JENA DDE MC FLEKTOGON 2.4/35」というレンズですが、最短距離19cm。レンズ先端からだと数センチまで寄れるレンズということもあり、マクロのように使うことはあったのですが、今回のように引いて撮るときになんとも私には困難で寄ったとき専用レンズと化していました。

しかし、今回陽射しが強かったこともありほぼF5.6~F8くらいまで絞って撮影してみると違うレンズかのようにビシッと決まってくれました。
かといって現代レンズ然としているわけでもなく、暖色傾向ということもあるのか、どことなくクラシカルな印象もそこはかとなく抱かせてくれるのは気のせいでしょうか。

もう少しピントにシビアになってF2.4~F2.8くらいでもこのように撮れたらいいのになぁ・・・
スポンサーサイト



コメント

このレンズ、開けて近距離撮影の画像はよくWEBで見かけますが、このぐらいに距離を置いて絞った画像は見かけたことがありませんよね♪ 絞ってもまたイイな~と思いますよ♪ 光と影、写真の醍醐味ですよね♪ 私も今年のテーマのひとつがこれと決めて撮るようにしております。

Lilywhitesさんコメントありがとうございます。
そうなんですよ。本当に似非マクロとして重宝する。という感じでしか見てなかったのですが、意外と使えるぞ?という感じでした。
写真における私のテーマ・・・一体なんなんでしょう?(笑)
まさに写真界のカラスのように雑食になってます^^;
なんでもやってみて琴線に触れるものが残っていくのだろうなぁと思っているのですが、そう思って1年経っちゃいました(笑)

う~む、このレンズの接写以外の写真ってめったに見ないですが、
なかなかいいですね。レンズの性能を見るという点では4枚目、
なかなかの解像感&コントラストだと思います。
色々な距離で色々な描写を楽しめそうですね。

うっちーさんコメントありがとうございます。
このレンズ、晴天で絞って使うのなら街撮りでも全く問題なく使えそうだと思いました。
寄りよりに寄れるけどそれ以外は・・・。っていうような一芸レンズだと思っていたのですが、思いのほか優等生だったという感じです。
オールマイティで有り難いのですが、優等生だとつまんないなんて贅沢も沸いてきたりして・・・^^;

影って、撮り出すと本当に面白いですよね。
私は街中でついつい探してしまう。(笑)

15分でもしっかり撮ってますね~。

top-to-toeさんコメントありがとうございます。
影はお日様が出てる限り必ず出来ますからね。
しかし、綺麗な影、反射・・・と探し出すとなかなかシャッターが押せなくなってしまいます。
そこがデジタルの気軽さか、とりあえず押えておくという感じで撮れるので本当に有り難いです。
ほんとこのカメラになって撮影のテンポが格段に上がりました。
無駄玉も随分打ちますが撮っていて愉しさ倍増という感じです。

新しい発見というか、持ってるレンズでこんな撮り方もいいなとわかる事って、少しだけうれしく感じますね。なんだか得した様な感じというか。夏とまた違って、少しやわらかい影、今の季節何か素敵な影を僕も見つけたいなーと思いました。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
自宅に戻りRAWを現像してみて、「おぉ、このレンズ結構使えるジャン」。という感じでした。
今回のとは別に自分の描いていたリバーサルでの写りのような画も出てきてビックリしました。
今まで開放バカだったのですが、絞ってみるもんですね?(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: