FC2ブログ

dessin #61


*istDS + CZJ Pancolar50/1.8

間を挟んで新春散歩の続きです。
SILKYPICSの現像にはテイストとして、「ノスタルジックトイカメラ」というのがあって、以前PhotoshopのプラグインのToycameraのようなものがあります。
似て非なるものという感じですね。出て来る結果は随分違っているようです。
しかしながら、両者ともにそれはそれで魅力的なものです。
で、今回はノスタルジックトイカメラでのテイストで現像したものを。


以下の画像は、続けて撮った2枚を方向性の違う設定で現像してみました。
RAWによる現像は、フィルムを選択するプラスアルファの感覚です。



スポンサーサイト



コメント

現像の仕方で色々な表現が楽しめるのがいいですね。以前シルキーピックスを使った事がありますが、凄く奇麗に仕上りますね。最近は時間がなくて余り使っていないですが、どうもPhotoshopなんかよりも全体のバランスを崩す事なく奇麗に仕上げる事が出来そうなきがします。新しいバージョンをダウンロードしてまた使ってみたくなりました。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
RAWの現像は非常に興味深いものがあります。
ちゃんと製品版を買えばより一層細かいところまで追い込んでいけるので近いうちに購入することになりそうです。
RAWの現像とPhotoshop等によるレタッチは別物なので同じ土俵にあげることはできませんが、どちらも愉しいです。
もしかしたら私の場合、撮る事そのものよりも現像やレタッチのほうが興味があるかもしれないです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: