FC2ブログ

dessin #29


*istDS + CZ Planar50/1.4 ZS

ここのところ23:00~24:00の時間帯でサーバーが(?)結構重くなっていますね。
ページを開くにも一苦労なときがあります。困ったものです。

ということで今回のテーマは「光と影」。

射し込んでいた陽の光をどうにか捕らえたくて四苦八苦でした。

M42独逸光學兵團 Zeiss Lens People




暗い森を抜けるとそこには光に包まれた場所が見えた。というのが想定で(笑)



※この画は先日もエントリーしましたが、テーマに則していたので再エントリーさせてください。

白飛び黒つぶれ平気で起こっていますが、RAWで撮影すればもっとねばったのではないかと思います。
しかしこのような場面での適正露出というものはどのあたりにおけばいいのでしょうね?
色々試行錯誤繰り返して自分なりの適正を見つけなければと感じました。
スポンサーサイト



コメント

こういうシチュエーションは、たしかに難しいですよね…
狙った風になかなか行かず。
確かに、RAWでも撮っておくのが良いのかなあ。

木漏れ日が綺麗ですね。
3枚目、好きだけどなぁ。

こんばんは。
暑さに負けたのか、今日HDDが不調になりOS起動しても
すぐエラーで落ちてしまい急遽古いPCからアクセスです。
せっかく撮った写真も読み込めずお預けw

このような場面の適正露出って難しいですよね。
私の場合ある一点だけ適正になるようにする事が多いかも。
あとは背景が飛ぼうが落ちようが成り行きです。

1枚目、私だったら左で照らされた葉が飛ばないギリギリまで露出を絞るかな。
すると両端がぐっと暗くなり光と影が表現できそう。
2枚目、左上の葉はばっさりカットして手前の明るい土と
奥の町並みだけで表現するかな?
3枚目、一番照らされた葉を適正にして、背景の薄明るいボケは
綺麗に出るように角度を変えて数枚撮りますか。

今日は自分のブログ更新できませんので街灯さんの写真を借りて
自分が撮ったイメージをしてみました。すいませんw
それにしても不調のHDDにこれまで撮った写真があるような・・(汗
多分救済できるとは思いますが・・

素敵な光りを捕まえていますね。一枚目はなんだか光芒の様にみえてきます。よく空を眺めて、曇り空の日はこんな光芒を探したりします。光りを上手く味方につけると凄く臨場感溢れた写真になってくれますね。

pogetaroさんコメントありがとうございます。
RAWで撮影すればある意味段階露出的な利用の仕方もできて、HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)というレタッチ処理ができるので少々興味があります。
今度試してみようかなぁ・・・しかしPhotoshopのCS2が無いと手作業なんですよ(汗)

top-to-toeさんコメントありがとうございます。
微かな木漏れ日を強調しようとすると、他の部分が犠牲になっちゃいました。
見たままよりちょっとオーバーになるように撮っているので更に白飛び黒つぶれが顕著に表れちゃいました。

synさんコメントありがとうございます。
HDの不具合大変ですね。私も何度か体験ありますが、泣くに泣けませんよね。復旧できることお祈りしています。
なるほどsynさんの視点だとそうなるのだなと勉強になりました。
なんとか自分の視点で納得いくようなものを見つけ出したいです。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
1枚目は実際に薄っすら光芒が出てたのですよ。それを撮ろうとしたので周りを犠牲にしちゃったという次第です。
写真をいずれは光で描きたいものです。
今まであまりそういう意識がなかったので今度からそれを強く意識して撮れたらと思っています。

ダイナミックレンジが必要な状況での撮影において、CZレンズはその威力を発揮しますね。
街灯さんの撮影されたような写真をフイルムで撮影していて、他社のレンズと大きな差が出ることを経験し、はまってしまいました。

アイルトンさんコメントありがとうございます。
なるほどCZはそのようなメリットもあるのですね。勉強になりました。
この日の撮影で*istDSでなくLXを持っていけば何も悩ますに済んだのかもしれませんね(笑)

ラチチュードが広いといわれるネガフィルムでも、目で見た感じより白トビ、黒つぶれを起こすと思います。したがって、光と影を狙うときって、目で見た感じでいいところを探すのではなく、写真にしたときにいい感じになる光線状態を探す難しさがあると思います。

うっちーさんコメントありがとうございます。
最近知ったのですが、レタッチの技法としてHDRという段階露光した画像を組み合わせて1枚の画像を作るという技法がありまして、それを今度試してみたいなぁと思いました。
>目で見た感じでいいところを探すのではなく、写真にしたときにいい感じになる光線状態を探す
その通りでしょうね。光はいつも意識しているつもりではあるのですが、その感覚が鈍るとこのような画像になってしまうのでしょう(汗)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: