FC2ブログ

dessin #26


*istDS + CZ Planar50/1.4 ZS

先日とはうってかわってアンダーシリーズ。
朝とはいえ夏の光は強いですね。光と影の光量の差が非常に強くコントラストの強い画になります。

木立の茂っている場所にて、スポットのように光が当たっていました。
光の当たった葉っぱで測光。




露出を空に合わせてみた。F16まで絞ったのは初体験ではないだろうか・・・
CCDのごみが出ちゃってますね(汗)

余談:デジタルでは(限ったことではないのかもしれないが)絞りすぎるとシャープ感が損なわれてしまって、小絞りボケというのを起こすそうである。限界がF11くらいまで。できればF8くらいまでにすることでその影響を抑えることができると書かれているのを何度か目にしました。
最近のデジタル対応のレンズではそれの限りには無いのかもしれませんが。(最近のレンズ使ったことがないもので・・・^^;)



いつも通りのベンチ撮り。
少々プラナーらしくない写りに見えますね。
これは、ピントを外している・・・そして微妙に手ブレしている・・・ということではないかと今にしてみると思います。
このあやふやさは確かにプラナーらしくない・・・

気がついてみると・・・
ビックリするほど同じ構図の3枚だ(笑)
スポンサーサイト



コメント

ほんとだ(笑)
いやあ、じつは狙って並べたのかと思いましたよ~。
1枚目、森の中の光の雰囲気が出てますね~。

pogetaroさんコメントありがとうございます。
画面全体的にアンダー目のものをセレクトしていったのですが、並べてみてプレビューしたときにこれほど同じ構図だとは・・・と驚きました。
ほっとくとこの構図にしたがるのが私の癖なのでしょうね?^^;

いえいえ、これはこれで整合感があって、組写真として気持ちの良い写真だと思いますよ。
しかしツァイスもニコンでZF、ペンタでZS、ソニーでαに加え、キヤノンだとY/Cが行けるので、悩んじゃいますね。

デジタルは確認出来たり、パソコンに取り込むのが楽だったり、Photoshopでレッタチしたり、自分の表現が作りやすいですが、いろいろと制約も沢山ありますね。絞り過ぎると画質が逆に悪くなる、絞り過ぎるとゴミが写る、などなど。僕はデジタルの時はゴミが写るのが凄くいやなので、いつもF8かF13位までしか絞りません。海なんかに行くとレンズ交換したいのを我慢して、同じレンズで撮りつづけたり・・・。filmならあまり気にしないで使えるので、いいかなと、最近ちょっとfilmが増えていますが、デジタルってやっぱり便利で、両方を行ったり来たりです。夏の光りってコントラストがしっかり出る写真が撮れますね。

越渓さんコメントありがとうございます。
ツァイスを念頭に考えるのなら、やはりY/Cだと思いますね。
しかし個人的にはキャノンのファインダーは辛いです。
そうなるとAFの効くαがどういうものかを知ってみたいという気持ちは沸々と湧いてきますね。
デジタルで予算を悩まないといけないのなら文句無くペンタでしょうが・・・(笑)

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
私の場合デジタルデータとして持つことが基本になりますので、フィルムの場合まだ納得できるスキャンの環境が無いというのは随分大きなネックとなっています。
そうなるとやはりデジタルメインになってしまっています。
新しい機材投入する場合にもフィルムスキャナとレンズと天秤にかけるとついついレンズになってしまう自分が居ることも確かです(笑)

はじめまして!
ZSをはじめいいレンズをお持ちですね・・
絞り込んだときの回折現象ですが、あまり気にしなくても
いいかもしれません。 F11以上を制限したら、パンフォーカス
とかスローシャッターとか、撮りたい表現ができなくなるので
画質の為にというのは、むしろ本末転等かもしれません・・

匠さんはじめまして。コメントありがとうございます。
いいレンズだからいい写真が撮れるわけでもないのでしょうが、好きな写真を撮られた方のレンズから真似たらこうなりました(笑)
小絞りボケ・・・そうですか。気にする必要はありませんか。
確かに本末転倒というのはありますね。
CCDのゴミの言い訳でもあったので、ちゃんと清掃しないといけませんね(笑)
これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: