FC2ブログ

dessin #20

「向こうには緑の世界が待っている」


*istDS + CZJ Pancolar80/1.8



M42独逸光學兵團 Zeiss Lens People


「主を失ったお前は何を考える?」



「進むべき道は決まった」



「壁をつたい力強く生きろ」



「目眩(めまい)」



「お前が廻ることによって人は生活を営める」



ってな感じで、今回は一枚毎にタイトルらしきものをつけてみました。
組写真にもストーリーにもなっていないところが自分らしい(笑)
スポンサーサイト



コメント

さすがボキャブラリーが豊富ですねぇ・・。ワタシもタイトル付けを2、3試みているのですが、とても難しいです。

写真って、なんだか言葉を割り当てるとお互いが凄く生きてきますね。
こういう今日の様な写真は日常いつでも目にしてる光景のハズなんで
すが、こうして言葉を当ててあげると心象風景の様に凄くメッセージ
性を感じてきます。

うっちーさんコメントありがとうございます。
写真の無秩序さを少しでもカバーできればと表題付けしてみたのですが、より一層無秩序さが強調されたような感も無きにしも有らずで・・・(笑)
うっちーさんのタイトル付けは素直で好感が持てると思いますよ?

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
言葉の意味が写真と組み合わさることで、見る人の想像性を限定してしまう危険もあるのですが、方向性が出る分見やすくなる部分もあると思うので、その両面を考えながらつけるかつけないかすればいいかなと思っています。
最初からタイトル性を持った写真を撮ることができればあまり悩まずに済むし、力強い写真そのものが撮れるのでしょうがなかなか難しいです。

うわ…一番苦手なことを、上手にやられてますね。
写真に添える言葉…難しいんですよね~。

pogetaroさんコメントありがとうございます。
いわゆる題名っぽいものにしてしまうと堅くなるし、詩のようにしてしまうと間延びしてしまうので、題名のようであり言葉のようであるものを選んでみました。
もう少し推敲すべきものもありますが、ときどきこのようにして繰り返すことによって少しずつ洗練できていければという試みです。
写真の力。言葉の力。どちらも捨てがたいものはありますので考えていきたいと思っています。

眩暈がいいです! 斜めなアングルってあまりやらないので決まるとかっこいいですね♪ キリッとしているのも気持ちいいです!

Lilywhitesさんコメントありがとうございます。
最近少し歪めて撮るのが私の中で流行ってます(笑)
素直にまっすぐの構図で見せるには物足りないようなときにすぐ斜めにしてしまいます。
もっとモチーフに拘ったほうがいいのかも。と思うときもあるのですが、そうすると近所の散歩ではネタが尽きてしまうもので・・・(汗)

短いフレーズで一言、というのがカッコイイですね。
私はついぐちゃぐちゃと書いてしまうので反省しきり・・・。

越渓さんコメントありがとうございます。
なにをおっしゃるやら。越渓さんのように語彙が豊富でないからこその苦心の策ですよ。
文章として読ませるだけの力があればこんな工夫してませんってば(笑)
越渓さんのブログは、凄く読むのが愉しみなんですよ?
一言で済ませないでくださいね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: