FC2ブログ

dessin #7


*istDS + CZJ Flektogon20/2.8

本日のでっさんぽもFlektogon20/2.8です。
この写真はF4なのですが、ちょいと絞るとかっきりしますね。



電気メーター見かけるとなぜ撮っちゃうんでしょう(汗)



錆も見かけると足が止まっちゃいます。



何度か撮っている家屋なのですが、20mmだと寄れません。
思ったより繊細に描写しているなと感じました。



シンメトリーの構図で「よしっ!」と思っていたのですが、左下に指が写り込んじゃってます(汗)



一連の写りを見ているとなかなか手を出しにくいレンズだったのですが、もっとこの画角に慣れて使いこなしたいと改めて思っているしだいです。

RAWでの撮影・現像とか色々やりたいことが増えてきて飽きませんね写真って・・・。
スポンサーサイト



コメント

The first photo is so funny
looks like 4 cute children stand hand in hand
可愛い――!^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ガスメーターに錆…
そりゃあもう、立ち止まってしまいますとも!!
青い雨戸も雰囲気がありますね~。
20mmだと画角的にもちょうど良さそうだし、
スナップに出ると、枚数撮っちゃいそうですね~。

コメント欄デカッ!w
ソレは置いといて・・(爆

1枚目は私も悪ガキ4人の顔に見えましたよ♪楽しい写真です。
ところでこのレンズ銀塩で使ってみたりしました?
もし予定があるなら是非♪

pogetaroさんコメントありがとうございます。
やっぱり立ち止まっちゃいますよね(笑)
20mm非常に魅力的なんですが、私にとってはまだまだ難しいです。
ちょくちょく使って画角に慣れていかないとと思っています。
35mm相当で30mmですからね。フルサイズの28mmより狭いんですもんね。
もっと出番があってもよさそうだと頭ではわかっているのです(汗)

synさんコメントありがとうございます。
コメント欄・・・いっぱいコメント書き込んでもらえるように・・・(笑)

ちょっと行き辛い場所においてあったんですが、なんとか正面から撮りたくて回り込んじゃいました。
このレンズじゃなかったら収まらないくらい狭いところだったんですけどね。

あぁ、LXではまだつけて覗いてみただけですね。
いま入ってるフィルムはPlanar50/1.4 ZS一本勝負のつもりで使っているので、次のフィルムではこのレンズつけてみようかなぁ・・・

次はレンズでなくフィルムは決まってるんですけどね?(笑)

線路なっがーいっすね~♪ F20のフィルムは凄いでしょうね!ちょっと期待しておりますよ♪

フレクトゴン、絞ると精細な感じが前に出て好きなレンズです。
メーター4人組の写真、可愛いですね。それぞれの表情があるように見えて、いい感じです。あと、最後の写真、どこの線路を撮られたのか興味があります。このバラストと枕木の解像感に引き込まれそうです。

Lilywhitesさんコメントありがとうございます。
あふっ。Lilywhitesさんからも銀鉛でのFlektogon20リクエストが来たぁ~(笑)
今晩無理矢理今までのフィルムを撮り終えて次のフィルムを入れました。
そんでそのLXについているレンズがFlektogon20/2.8ではあります。
フィルムの消費量はデジタルと比べると格段に減るのですぐというわけにもいきませんがこのフィルムでは確実にこのレンズを使うので少々お待ちください。

越渓さんコメントありがとうございます。
確かに開放のときにはもっとアバウトかなと思ったのですが絞ったら結構精細ですね。ちょっと吃驚しました。

最後の写真ですか?
これは西武線です。西武国分寺線の小川-東村山の途中です。
この区間はほぼまっすぐなのでこのような感じになります。
東京でありながら単線という超ローカルです(笑)

一枚目のメータの写真の下のコックがなんだか手旗信号の様にみえてしまいました。
電気メーターフェチなんですね。電気メーター見たら、あの回ってるのを確認した
くなりますね。錆の感じ、鉄柵のブルー、なんかいい色の組み合わせですね。
かっきりとしてるけど、不自然ではなくて、リアルな感じの描写になっていますね。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
ガスメーターは狭いところに入っていって撮った甲斐がありました(笑)
ガスメーター、電気メーター、錆、蛇口。これはつい立ち止まってしまうものですね。
ぁ、あとベンチ。人が居なければブランコも対象になります。
*istDSになってCZJのレンズが相性がいいような気がしてなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: