FC2ブログ

試写@ZSプラナー


*istDS + CZ Planar50/1.5 ZS

ZSプラナーを使ってみての感想ですが・・・

ヘリコイドの感触は相変わらずいいですねぇ。
ただ、ヘリコイドを回す向きが従来のY/CやCZJと逆です。PENTAXレンズと同様の回し方になります。最初はびっくりしました。

あと、AUTO、MANUALの切り替えスイッチがスムーズで良いです。
まるでPENTAXで使うことを前提に作ってる?って感じがしてきました。

それから、純正フードが付属してくるのですが、これは組み込み式になってます。フィルター等はレンズ先端にねじ込むように空いています。
しかし、この状態ではPLフィルターが使いたい場合には難しいですね。

次は・・・Y/Cと相違点として、絞りは半段ずつになっています。
Y/Cは1段ずつでしたから違いますね。
絞り羽は9枚で結構滑らかな絞りの形をしています。絞っても独特のボケの形状になるということはなさそうです。

開放好きの私として困った点が一点。

この*istDSは最低感度がISO200のため露出オーバーになってしまうのです。。絞るかNDフィルターをつけるか・・・ファームウェアでISO感度を最低100とか50に変更したりってできないものですかねぇ・・・ねぇPENTAXさん?

とはいえ、レンズテスト的な使い方も一切していないのでなんともいえませんが、とりあえず私にとっては無条件で素晴らしいレンズですのでアイシテマス。














前のエントリーでは撮ったなかでもプラナーっぽい描写のものを選んだのですが、今回のエントリーを見てもわかるように、あっさりというか薄味というかそういう部分が結構見て取れるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

色味に関しては、カメラの影響が大きいと思います。
EOS 5DでYCとZFを比較した物をブログでアップした事がありますが、差異は殆どありませんでした。

わーいつの間にか新しい新兵器が・・・
いいでしょ?プラナーっていいですよね。カールツァイスのレンズって、使っていて楽しいですよね。マニュアルレンズで速写には向いていないかもしれませんが、ゆっくりと撮影する喜びを再認識させてくれる素敵なレンズです。このようなレンズが今デジタルで使えるというのは素晴らしい事ですね。

アイルトンさんコメントありがとうございます。
そうですよね。アイルトンさんの記事を拝見していたので気軽に差異がわかるような違いはありませんでしたもんね?
やはりカメラのチューニングの差なのですね。

farfarsideKさんコメントありがとうございます。
皆さんの作例を見せていただいていい写真だなぁと感銘を受けたときに使っているレンズはどうしても真似したくなります(汗)
いい作品を撮れる眼を持つことによりレンズが生きるのでしょうが、せめてレンズだけでも近づきたいみたいな・・・(汗)

カラーバランスやシャープネス、コントラストは、デジタルの場合、カメラの設定やレタッチでかなり変える事ができる気がします。ただボケ味はレンズの特徴がモロに出ますね。1,2枚目のような写真はレンズによってかなり感じが変わるのではないかと思います。

うっちーさんコメントありがとうございます。
カメラの設定はフィルムを選択するのと近いのかなとも思いますし、その後のレタッチも重要な要素だと思っています。
しかし、ボケの描写は確かにシミュレートしきれないのでレンズ自身に頼ることになるのではと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: