スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く起きた朝は #4

副題は 「green」 とします。






PENTAX LX + smc-M 50/1.4 + Kodak RoyalGold400
スポンサーサイト

帰路


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8

間もなく我が家に着く寸前の高架下の電灯。
疲れた足元を照らして我が家へと導いてくれる。

早く起きた朝は #4






PENTAX LX + smc-M 50/1.4

早く起きた朝は #3






PENTAX LX + smc-M 50/1.4 + Kodak Royal Gold 400

早く起きた朝は #2


PENTAX LX + smc-M 50/1.4

早く起きた朝は #1






PENTAX LX + smc M 50/1.4 + Kodak Royal GOLD 400

新しいフィルムを詰めて朝日を浴びながら近所を散歩。
初登場のM50/1.4の写りはどうかな?

そうそう。LXでウェストレベルファインダーの初実践でもあります。
ピントが曖昧になるというか、追い込むにはやっぱりアイレベルファインダーですね。

PENTAX K100D coming soon...

昨今個人的に気になるメーカーであるペンタックスのNEW DSLRの発表がありました。
T*が憧れといいつつ、10Dを使用しつつもなぜか横目にPENTAXの文字がちらちらしつづけているのですが、今回の新機種は正面から見たくなるようなモノに仕上がるのでしょうか・・・
(LXはやってくるし、レンズはイエナ玉をはじめとしてほとんどがM42のためすぐに対応できるし、Limitedレンズ気になるし、PlanarのZSマウント発売されたし・・・)

PENTAX K100D 詳細内容はこちら:デジカメWatch記事

パッと見、特別に変わりがあるわけではなさそうですね。

とはいえ、手ぶれ補正ユニット搭載(補正効果は2段分)とペンタックスなりに頑張っているようなのですが・・・

【“PENTAX K100D coming soon...”の続きを読む】

願い


PENTAX LX + CZJ Pancolar80/1.8 + Kodak Tri-X pan 400

基本的に無信心なのですが、書くことで落ち着くそうです。
確かにそういうこともあるかもしれません。

キリスト教徒でもないけれど、教会でゴスペルを聞くと心が洗われたり、
仏教徒ではないけれど、仏像と対面していると気持ちよかったり・・・

初詣に行ったり、クリスマス祝ったり・・・ってこれは違うか(汗)

習作@LX #4


PENTAX LX + smc M zoom 1:4 20-50mm + Kodak Tri-X pan 400

続きもののエントリーにも関わらず色々混在していることご容赦ください。

フィルムによる描写は、デジカメによるものより随分と色の幅があることを実感します。
そのためか、ぱっと見ではメリハリのない画像になりがちなような気がします。

リバーサルでの撮影ではこの辺りが変わるのではないかと想像するので、今度リバーサルに挑戦してみたいと思っています。

レンズは2枚目のみPancolar80/1.8で、他は唯一のズームレンズです。

【“習作@LX #4”の続きを読む】

下総国にて #4


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8 F1.8


【“下総国にて #4”の続きを読む】

習作@LX #3


PENTAX LX + CZJ Pancolar80/1.8 + Kodak Tri-X pan 400

休日の夕刻に親子連れを見かけて。


【“習作@LX #3”の続きを読む】

狐の嫁入り


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8 F1.8


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8 F1.8


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8 F1.8

夕刻に突然空模様が怪しくなりポツリポツリと雨粒が落ちてきたなと思いきや、いきなりまさにバケツをひっくり返したように土砂降りになりました。
外出先でびしょ濡れになった方も多く居たのではないでしょうか。

で、雨がほぼ落ち着き雨上がりでも撮れたらと思い煙草を買うついでにカメラを手にとり出かけました。
まだ少しだけ小雨が残っていましたが濡れたアスファルトは綺麗でした。

M42独逸光學兵團 Zeiss Lens People

それから陽が落ちて少ししたときにふと外を見るとなんとも不思議な色の空でした。
よっておもむろに三脚を取り出しゴソゴソと・・・

【“狐の嫁入り”の続きを読む】

習作@LX #2


PENTAX LX + CZJ Pancolar80/1.8 + Kodak Tri-X pan400

Pancolar80/1.8というレンズ、
デジタルで使っているときにはそこまでシビアに感じていなかったのですが、撮ったときにすぐに確認できるからということなのかもしれません。

ファインダーも10Dに比べて凄く見やすいのに・・・
もっとピント追い込んで撮るくせをつけないといけませんね(汗)

【“習作@LX #2”の続きを読む】

習作@LX #1


PENTAX LX + smc PENTAX-M 1:4 24-50mm + Kodak Tri-X pan400

「smc PENTAX-M 1:4 24-50mm」このレンズ初登場ですが、上記のPancolar80/1.8と比べて暗いとは言え開放から安心して使えそうです。
24-50mmと使いやすい画角もなかなか。
屋外での日中の撮影だと結構活躍してくれるのかなと期待しました。

【“習作@LX #1”の続きを読む】

ひととき


PENTAX LX + CZJ Pancolar80/1.8 + Kodak Tri-X pan 400

モノクロフィルムがようやくあがってきました。
一本使い切るのに時間がかかったので結構時間差がありますが気にしません(笑)

第一弾はゆったりとした刻を・・・

M42独逸光學兵團

【“ひととき”の続きを読む】

雑司が谷旧宣教師館






CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4

お蔵入り画像救出計画。
以前エントリーしたNOZOKIANAの撮影場所と同様の雑司が谷旧宣教師館です。
リベンジに行きたい場所候補のひとつです。

Zeiss Lens People

コンビニまで約3分






CANON EOS10D + CZJ Flektogon35/2.4

自宅からコンビニまで約3分程度なのですが、カメラを持つと2~30分かかっちゃいます。

といいつつ、本当は小一時間(笑)

M42独逸光學兵團 Zeiss Lens People

TOKYO view #04






CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4

GWの撮影ですから既に半月以上の時間が経過していますね。
ほぼ出し尽くした感はありますが、残りわずかな在庫から。

「下総国にて」で味を占めた3枚綴りで出そうとしたときに、縦横の構図が混在したときどうしようか悩みました。
横幅をあわせて出した方がいいのか、同サイズで並べた方がいいのか・・・
悩んだ末・・・なにもしません(笑)
縦位置は3枚組には合わないかもしれない。
縦・縦か、縦・横の2枚組の方がしっくりしそうな気がします。
次回はそれでチャレンジ。

それにしても2枚目。自転車に木の壁面、それにネームプレートでいい感じとか思いながら撮ったのですが、改めて見るとこれってゴミを入れるポリバケツですよね?気づかないものかなぁ・・・見てるようで見てない私を暴露してしまいました(汗)

下総国にて #3






CANON 10D + CZJ Pancolar50/1.8

一日間を置いて引き続き下総(野田)です。
3枚を並べるのって難しいですね。
既に怪しいです(汗)

これはいいかなと思っても縦位置だったりすると並べづらかったり前もって考えておかないと・・・

M42独逸光學兵團

本日やっとLX様の中に入っていたTri-Xが36枚撮り終えました。
明日ラボに出してこようと思っているのですが、出してから3営業日待てとのことでしたので下手すると来週にならないと手元に来ないのですね。
やはりモノクロは時間が必要ですな。

御徒町にて


CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8

先日の野田市からの帰り。
途中乗り換えでつくばエクスプレスに乗りました。
そして降車したのが新御徒町駅。
で、そのまま大江戸線に乗るはずだったのですがちょこっと地上に出て束の間の散歩です。

【“御徒町にて”の続きを読む】

下総国にて #2






CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8

先日の続きで下総国です。
昔からの倉庫や建物が多く魅力的な建物を頻繁に見かけました。
まだ稼動中の建物のようで、中に入ることは無理なのでしょうね。

M42独逸光學兵團

下総国にて #1






CANON EOS10D + CZJ Pancolar50/1.8

所用で野田市に行きました。

この地は、利根川・江戸川・利根運河と三方を河川にかもまれており水上交通の要衝として下総国でも有数の繁華の土地で栄華を誇ったのですが、近代以降舟運の衰退により以前の繁栄は失われ往時の繁栄を見出すことは難しいようです。

往時の繁栄の名残りというわけではありませんが、江戸時代よりこの地で興った醤油産業の一大ブランドであるキッコーマンの本社があり、町を歩いていると醤油(というか”もろみ”)の香りがしていました。

カメラを携帯していましたので、目的地の道すがら少しだけ撮ることができました。
が、町の紹介には一切関係ない画像ですね(汗)

今日のお供は、Pancolar50/1.8だったのですが、やはりPlanarとは違った感じになります。描写の洗練度はPlanarに軍配が挙がるかなぁ。
この感じ、これはこれで好きなのですけどね?

M42独逸光學兵團

TOKYO view #03


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4

”ATTENTION”って、何を注意すればいいのやら。

【“TOKYO view #03”の続きを読む】

TOKYO view #02


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4

まるで守っているかのように壁にびっしりと貼りついたつる草。

TOKYO view #01


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4

green


CANON EOS10D + CZJ Pancolar80/1.8

天気がいいのは撮影したのが今日じゃないから(笑)

@Cat street


CANON EOS10D + CZ Planar50/1.4 F2

Lilywhitesさんのブログで何度か見せていただいたことのある原宿のCatstreetです。
GWに同行させていただいたときに撮ったものです。

面白い雰囲気の場所です。


【“@Cat street”の続きを読む】

お尋ねモノ



LXと一緒に連れられて来たこのレンズ。

『smc PENTAX-M ZOOM 1:4 24-50mm』

色々調べてみたのですが全く持ってどのようなレンズなのか不明なのです。
F4と多少暗いながら、ズームで通しF値のレンズなので筋は良さそうなのですが・・・ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

まだLXに取り付けていないのですが、いずれ試してみたいとは思っています。

我が家で唯一のズームレンズ。はてさていかなるものか・・・

うぅ・・・Kマウントは31/43/77のLimitedレンズなど気になるレンズがあり、所有のM42マウントレンズも着くし、デジタルではファインダーでも定評のある*istDS、秋頃発売予定のnew一眼などがあるし・・・LXの登場でPENTAXというメーカーが俄然気になり始めてきました。ヤバイ(汗)

※その後の探索により、『smc 1:4 40-125mm』(は確実な話らしいのですが)等、当時のF4通しのレンズはツァイスとの共同開発であるということが判りました。
これレンズ自身がそれを明示しているわけではないのですが、そうだと凄く嬉しいなぁ・・・てか、判らない内はそう思っていようかな(笑)

ツァイス繋がりでご報告すると、「smc PENTAX 1:2 28mm」というレンズがあるのですが、これがレンズ構成からなにからなにまでDistagon28/2と同じなのだそうです。大口径だし、広角なのに85mmのレンズ?というくらい背が高いところも。
これも共同開発であるという話が出ていました。
コーティング等の違いがあるでしょうから同じ絵を写し出すというところまでは期待できないのでしょうが、相当評価の高いレンズだそうです。

模索中


CANON EOS10D + CZJ Pancolar80/1.8

まだ試行錯誤の最中なのですが、「水墨画」のような「カラー写真」というのを作ってみたくて模索中なのです。
端的に言葉では表現しづらいのですが・・・


模索中のレタッチ方をお知らせしてもしょうがないかもしれませんが・・・


【“模索中”の続きを読む】

芋を洗うよう

GWも終わり、皆さん日常が戻ってきた頃に見るだけで疲れてしまうような絵も恐縮ですが・・・

表参道ヒルズ手前付近 : まさにタイトル通りでした。これほどの人の頭を歩きながら見たのは始めてかもしれません。

CANON EOS10D + CZ T* Planar50/1.4
※この写真ばっかりはもう少し大きく見て頂かないと如何に混雑しているかが判り難いので、クリックすると900*600となるようにしています。




※今回「墨絵」と「色」という2つのキーワードでのレタッチを試しています。
お見苦しい点もあるかと思いますがご了承ください。

【“芋を洗うよう”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。