スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW MODEL

PENTAXから*istDの後継機と中判デジタル。更には広角パンケーキレンズが発表されました。
PMA2006での発表ということなので全貌はまもなく明らかになるのでしょう。

*istDの後継機は質感も良さそうだし、もともとファインダーの性能は他社と比較して良好だし、魅力的な機種です。
有効画素数1000万画素・・・それ以上の情報がまだ無いので非常に気になります。秋頃発売になる予定となっていますが、はたして予定通りに行くのでしょうか?サムソンからも同等機種が出てくるということなんだろうなぁ・・・

レンズも軽量のボディにマッチしたパンケーキで21mmとなっているようです。単焦点にしてはF値が3.2と少々暗いのが気になりますが・・・
しかし、PENTAXのlimitedレンズ達はどれも自分の琴線に触れるので困ります(笑)

続いておおとりの中判デジタルはもうかれこれどのくらい予告期間があったでしょうか・・・とうとう具体的に発表されることになりましたね。と言っても画素数が1800万画素で、645AFマウントであるということと外観くらいの情報ですからねぇ・・・

また、2006年のレンズロードマップも発表されたようです。
70mmF2.4のパンケーキや、16-50mmのF2.8通し、50-135mmのF2.8通しなど
おぉ、なんかやるぞ感が伝わってくるぞ。って感じで愉しくなっちゃいます。

とPENTAXに気をとられていたら、とうとう松下から一眼デジタルが発表されましたね。

オリンパスの提唱する4/3システムの採用で、ライカとの共同開発でレンズ供給。ボディは今度オリンパスから発売されるE330がベースとなっているようです。外観は好みが分かれるところでしょうが、RFっぽいデザインは私は好きです。これでファインダーが優れているのなら非常に魅力的な機種になります。
元来4/3マウントは、マウントアダプターを介してY/Cレンズ、M42レンズ、Kマウントレンズと私の欲しいレンズがみんなつけられるのでファインダーさえMFをやりやすくしてくれたらもっとも欲しい機種になりますし、ダストリダクションはやはり一眼デジタルでは素晴らしい機能であると思います。
ただ、画角が2倍になってしまうのが・・・

ライカブランドでのレンズも同時に発表されてますね。
VARIO-ELMARIT 1:2.8-3.5/14-50mmですね。
生産が福島工場ということなので、ライセンス供給ということなのでしょうが、活性化の要因のひとつにでもなればいいのではないでしょうか。ただ、価格も気になるところですが・・・

とはいえ、まだ作例も全く見ることが出来ないので海のものとも山のものとも・・・という部分があるのですが、新機種更には新規参入と一眼デジタルの世界が広がるのはとても気持ちよく感じます。

CANONからは30D、オリンパスからはE330、既に発売されてますがNIKONからはD200と新しい風が業界に吹いているのはいいことですよね。

最近は寂しい話題が続いていましたので愉しい気持ちにさせてもらえたのでちょっとエントリーしてみました。
スポンサーサイト

・・・


CANON EOS 10D + CZ Planar T* 50/1.4 1/350 F1.4

・・・写真撮りたいなぁ

【“・・・”の続きを読む】

鬱蒼

続けざまにエントリーします。
同じ公園です。


CANON EOS 10D + CZJ FLEKTOGON 20/2.8 1/1500 F2.8

鬱蒼とした木々の茂みに冬の陽の光が優しく射し込んでいる。
しかしココには誰も居ない。

M42独逸光學兵團

ひなたぼっこ

先日近所の公園へ行った時のものです。


CANON EOS 10D + CZJ FLEKTOGON 20/2.8 1/1500 F2.8

ゆったりとした足取りでヒトリノ老人が歩いていました。
おだやかな時を刻んでいるようで・・・

ローアングルで距離目測ノーファインダーで狙ったのですが、遠いし構図も・・・うぅん・・・でもちょっと好きなんです。

ふと見上げるとそこに一筋のひこうき雲が描かれていました。

CANON EOS 10D + CZJ FLEKTOGON 20/2.8 1/1500 F2.8

Monochrome

先日CZJレンズでのモノクロの画像が自分的に気に入ったので、今回はMonochrome Worldで・・・

選んだ被写体のせいもあるのですが、モノクロにした瞬間に昭和の香りがしてきたような気がします。


CANON EOS 10D + CZJ MC FLEKTOGON 35/2.4 1/2000 F2.4


CANON EOS 10D + CZJ MC FLEKTOGON 35/2.4 1/350 F2.4


CANON EOS 10D + CZJ MC FLEKTOGON 35/2.4 1/1500 F2.4

M42独逸光學兵團

EOS 10D People

ついつい沢山・・・数が多いので次ページに置きました(汗)

【“Monochrome”の続きを読む】

ムリクリ散歩

このレンズに少しでも慣れてみたくて時間を作ってムリヤリ散歩にでかけてみました。
ド初心者の単純な見たまま感じたままの感想です。
ご批判等バシバシ受け付けますのでご遠慮なくどうぞ。


CANON EOS 10D + CAEL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

ほぉ。Planarとは随分違う描写ですねぇ。
ネットで様々な方々の作例を見せていただいていて、レンズによる描写の違いなんかも自分なりに感じていたりするのですが、この描写はZEISSっぽく無いなぁと思いました。ちょっと独特な感じを受けました。

ただ、どちらが好きかと聞かれても困ります。
どちらも素晴らしいです。被写体によって、作りたい絵によって、ピピッと使い分ける感性が持てたら自分としては最高です。

とレンズのことばかり言っていますが、実際の構図はというと・・・ちょっと寄りすぎですね。なんか狭苦しい感じしますよね・・・(汗)

つづいての写真は・・・自分的に多い感じの絵ですなぁ。
構図は自分的には問題ないのですが、色の選び方がもうひとつ足らなかったなぁ・・・と感じています。

CANON EOS 10D + CAEL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

この写真は何気なく撮ったのですが、思った以上に自分の嗜好に合う絵です。

CANON EOS 10D + CAEL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

こういう被写体だと周辺の減光も見られるんですね。ちょっとフィルムっぽい感じでもあるかなぁ。

続いて人を入れてみての感じは・・・(もっと寄りたかったんですけど・・・)

CANON EOS 10D + CAEL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

コントラスト、シャープさ、色乗り。どれも素晴らしいと思います。
ただちょっと絵が硬いかもしれないですね。
Planarのほうが柔らかい描写で柔軟に対応してくれる感じを受けます。

この80mmという画角はAPS-C換算で128mmとなります。
この画角での距離感や収めかたというのが自分にとっては非常に難しいです。
ぱっと見た瞬間にカメラを構えてファインダーを覗いたときに「違う」って思えてきて寄ったり下がったりして構え治す場面が多々ありました。
もう暫く使い続けて画角に慣れてきたら"CZ T* Planar 1.4/80"と撮り比べてみたい衝動にかられました。
(最大の問題-Planar 1.4/80を持ってないことは秘密。)

と、気になる部分もありましたのであげてみます。

CANON EOS 10D + CAEL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

被写体によってはアウトフォーカスの部分がうるさいですね。
如実に二線ボケが出るようです。開放での撮影でしたから、絞ったら解消するのかもしれませんが、気になるといえばきになりますよね。

M42独逸光學兵團

EOS 10D People

と、ちょっと思うところがあってPhotoShopを起動してみました。

【“ムリクリ散歩”の続きを読む】

GAS MUSEUM vol.2

引き続きがす資料館のものです。


CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4


CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

こちらはレンズを換えて日本製タクマーレンズで。
画角の違いがあるとはいえ全体的な雰囲気が随分違うものですね。


CANON EOS 10D + ASAHI OPT. CO., JAPAN Super-Multi-Coated TAKUMAR 135/3.5

撮ったデータを見返してみると似たような構図が非常に多くて吃驚しました。
自分の引き出しの狭さを改めて認識しました。

今日は雨天のため撮りに出かけることはできません(しょぼん)
CZJ MC PANCOLAR 80/1.8の作例が撮りたくて10Dに取り付けてスタンバイはされているのですが・・・ウズウズしてます。
ピントのシャープさ、色のりのよさ等すこぶる評判がいいのですが、その良さをまだ実感できていないので是非感じてみたいものです。

GAS MUSEUM

東京の小平市にあるがす資料館に行って来た。
レンガ造りの建造物、趣きのある瓦斯灯、手入れの行き届いた庭。とてもステキな処でした。


CANON EOS 10D + Carl Zeiss Planar 50/1.4


CANON EOS 10D + Carl Zeiss Planar 50/1.4

ただ残念なことに室内は撮影禁止となっていて、外観のみの撮影だったことです。
しかし、いい感じの場所で気持ちよく時間を過ごすことが出来ました。

外観はこのような感じです。

CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA DDR MC FLEKTOGON 20/2.8

失敗は成功のモト

"Failure is a stepping-stone to success."(失敗は成功の素)ということで恥ずかしながら失敗写真を少しエントリーしてみる。

まずはこれ。

ガラス窓の向こうに見える竹林が綺麗だったので窓枠越しに狙ってみたのだがどう見ても伝わらない(涙)
もっと広角で狙うか絞るべきだったのだろうか。構図も曖昧。
矩形に切り取る眼が養われていないことが露骨に露呈している写真になっている。

次は

光と影。それにベンチ。
ってな感じでもうちっといい雰囲気になると思いながら撮ったのだが、どうもピッタリこない。
まず一番の問題は構図だろう。とっても中途半端。
ベンチを撮ったのか陰影を撮ったのか非常に曖昧。矩形の外側の空気が伝わってこない。

そして・・・

微妙に傾いていて非常に気持ち悪い。
トリミングしようにもギリギリで切り取っているので傾けるわけにもいかず立派なボツ写真のできあがり。
水平垂直をビタッと決めるのも大変だなぁ。

ということで自戒を込めてのエントリーなのですが、更にその向こう側に山のような失敗写真があります(えへ)
手ぶれ・フォーカスミス・根本的なモチーフに対する曖昧な気持ち。
どれをとっても自分が何の意味も無いのに慌てているんでしょうね。
もちろん様々な基礎知識や知るべきことも沢山あるのでしょう。
しかし、最終的には自分の写真を撮る眼を養うこと。ちゃんと脳みそを使って撮ること。

【“失敗は成功のモト”の続きを読む】

NOZOKIANA

IMG_7736.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

東京は豊島区の雑司が谷にある雑司が谷旧宣教師館というところに行ってきたときの写真です。
明治時代の洋風建築でなかなかいい感じの佇まいでした。
写真撮影は管理の人に一言ことわればすんなりとさせてもらいました。

で、階段の裏に回ったら隙間があったのでそこから覗いたらこんな感じになりました。

ベタな部分が多かったので、なにかしたくなってタイトルなぞインサート。

えっ?洋館の写真は?って?
はい。へたくそ写真量産だったのでよくわからない写真がセレクトされてしまいました。
後日いくつかアップするかもしれませんが(汗)

追記:建物の外観はこのような感じです。

FUJIFILM FINEPIX F700

改めてデジタル一眼とコンパクトデジカメの違いを目の当たりにした感じがします。
巧い使い分けができたらいいな。

彼方 - カナタ -


Canon 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

どんな想いを馳せて彼方を見つめているのでしょうか。
って、自分の演出ですもんね?(笑)

やはり、赤が綺麗だなぁと感じます。

写真による絵作りというのは本当に難しく感じます。
光の周り方・フォルムの判断・構図と距離の関係・背景の処理。
それに伴う露出の決定。
どれもがあやふやなため結果オーライのものばかり。
こういうものを計算に入れて尚且つスナップのように瞬時を切り取ることができるようになるのはいつの日のことでしょうか・・・

コメントを書いていて自分が彼方を見つめてしまいました(阿呆)

フォント作ってみました。



フォントを作ってみたのでちょっと公開。

昔のアメリカの映画で出てくるようなタイプライターで打った活字のようなイメージで作りました。

ローマ字の大文字と小文字、数字とあと少しだけにしか対応していません。
日本語に対応するだけの根性がありません・・・勘弁してください(涙)
Truetypeになっているので、適した大きさというものはとりたててありませんが、あまり小さいと見づらいと思います。
また、字間を大きめであり等幅なので、適宜字詰めして使ったほうがより綺麗に使えると思います。

フォント製作環境がWindousにしか無いため、残念ながらMacintoshフォントはありません。
よろしければ、ご自由にダウンロードしてお使いください。
えっと、出来ればコメントも残していただくと嬉しいかな?(えへ)

Creative People

追記:リンクが都合よく貼れていなかったようなので保管場所を変更してリンクを修正いたしました。ご迷惑をお掛けいたしました。

自在鉤


CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

構図の詰めをする以前になぜかファインダーを覗くと焦ってしまう自分が居る。もっと冷静にモチーフと向き合わないといつまでたっても被写体との距離は縮まらない。

自在鉤とは・・・囲炉裏や竈(かまど)の上につるし、それにかけた鍋、釜、鉄びんなどの高さを自由に上げ下げできるようにした鉤。(国語辞典より)

和風写心研究会

らくがき

granpa00.jpg
今日はイラストなぞを。
素描というものはなかなか良いですな。白と黒だけの世界も一興。
写真でもその気持ちが味わえるようになりたいものです。

写真は人が撮るもので自分ではそれを利用させてもらうことがあっても自分で撮るという行為とはこれまで全く無縁でした。
思い通りに撮れない。どう撮れば自分らしく表現できるのか。微に入り細に入り暗中模索ですが、今の愉しいという気持ちを大切にしたいと思っています。

イラストレーター TB People

踏みしめるレンガ

IMG_7856.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

東京江戸たてもの園にて、ふと足元をみるとこのような石(?)畳だったのでフォーカス。

囲炉裏 - イロリ -

IMG_7834.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

和風写心研究会
勢いついでにまたもやトラックバック(汗)

勢いだけでブログしてますが、「継続は力なり」という言葉が頭を何度も駆け巡っております。

窓辺にて - マドベニテ -


CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA DDR MC PANCOLAR 80/1.8

ちょっと緊張です。
はじめてトラックバックというものを試してみようと挑戦です。
窓辺にてオルゴールの人形をパチリ。

カメラ初心者ですが、Zeissのレンズにドキンとさせられそのことから興味を持ち始めました。
ヤシコンレンズもこの上なくステキだし、イエナレンズも素晴らしい。
って写真そのものの腕が伴わないとただの遠吠えなのですが・・・(汗)


実はこちらのトラックバックピープルは以前からちょくちょくお邪魔していて様々な方々の独逸製ツァイス玉の画を見せていただいていました。

せせらぎ

IMG_7857.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss T* Planar 50/1.4

竈 - カマド -

IMG_7829.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4

Digital Photo Forumという画像投稿サイトに画像をポチとアップしてしまいました。あぁ・・・恥ずかしい。
朴訥としたモチーフなのに、なんとなく艶っぽいというか、空気感があるというか。レンズのなせる業なのですね。
やはり、とても素晴らしい描写をしてくれます。大好き。
今の自分としては精一杯の画です。勘弁して(平身低頭)

今日からFC2カウンターなるものを設置してみる。
数が伸びないと逆に切なくなるシロモノ。

散歩 - その2

IMG_7128.jpg
CANON EOS 10D + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4

面白い。レンズによって同じ景色が違って見える。面白い。

散歩

IMG_7367.jpg
CANON EOS 10D + ASAHI OPT. CO., JAPAN Super-Multi-Coated TAKUMAR 135/3.5

IMG_7366.jpg


ふむ。これを圧縮効果というのですね。
もっと望遠のレンズであれば更に感じられるのでしょう。

※圧縮効果:望遠レンズでは標準レンズに比べて、背景が被写体の近くに(大きく)写る効果です。
逆に広角レンズでは背景が遠くに写ります。

光陰-その2

IMG_6815.jpg
CANON EOS 10D + Asahi Opt. co. Super-Takumar 55/1.8

【“光陰-その2”の続きを読む】

光陰 - ヒカリトカゲ -

IMG_6844.jpg
CANON EOS 10D + Asahi Opt. Co. Super-Takumar 55/1.8

光と影のコントラストというものはとても美しい。
それをカメラで捉えようとするとなかなか巧くいかない。
なかなか思い通りにはいかないものですね。

枯槁 - デモイキテイル -

IMG_6305.jpg
CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA MC FLEKTOGON 35/2.4

枯槁 [ココウ]:
・草木が枯れる
・おちぶれる
・やつれる、やせ衰える
(by 辞書)

でも生きてる。

寄り寄り - クローズアップ -

IMG_6387.jpg
CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA MC FLEKTOGON 35/2.4

ファインダー越しでしかこういう景色を見ることってありませんでした。
ファインダーから覗いた世界というものは、普段なにげなく暮らしている時には感じることの無いものが沢山あります。

カメラを持たずともこの意識が継続できるようにしていきたいと思ってはいますが、なかなか難しいですね。

忘却 - ワスレサラレタソンザイ -

IMG_5980.jpg
CANON EOS10D + CARL ZEISS JENA DDR MC FLEKTOGON 2.8/20

赤・紅・あか

IMG_6382.jpg
CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA MC FLEKTOGON 35/2.4

このレンズはなんといっても寄ると気持ちいい。

しかし、この植物なんという名前のものか・・・知らない(汗)

AGAINST THE LIGHT vol.2

IMG_6111.jpg
CANON EOS 10D + CARL ZEISS JENA MC FLEKTOGON 35/2.4

偶然の絵なのですが、なんか好きなんですコレ。
いい写真かどうかはわかりませんが、力強さのようなものが自分に伝わってきて。カラーなのにモノクロのような感じもよさげ。

ってな具合に自己満足に浸れた一枚です。

レタッチ - その2

IMG_7651_2.jpg

IMG_7651.jpg

IMG_7666.jpg

IMG_7666_2.jpg

レタッチ

デジタル一眼レフを使い始めてレンズによる描写の違いに感動したり吃驚したり、なにかと私の気持ちを高揚させてくれる。
このようなレンズの描写も面白い。

IMG_7616.jpg

その上レタッチソフトによるちょっとしたレタッチにより更に違った顔を見せてくれることに感激。

IMG_7616_2.jpg

まるで違った印象を見せてくれる。

しかし、レンズによってこのレタッチを受け入れてくれるレンズと拒絶するレンズがあるように思われる。
これもそれぞれのレンズの特性なのだろうなぁ・・・

それぞれのレンズを知って様々な自分の欲する絵の描写が手に入る環境は素晴らしい。
しかし、とてつもない沼がそこには待ち構えている様子(笑)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。