スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

draw a diagonal


*istDS + CZJ Pancolar80/1.8

対角線による構図は掛け軸など水墨画で定番となっている構図である。
画面を対角線で切って、一方が「陽」、もう一方が「陰」となる。

陰陽師等もなんらかの関係をしているのかもしれない(妄想)
(余談ですが、東京のJR中央線と山手線も陰陽師の印での設計であるという話もちらほら・・・)

妄想は置いといて、陽の側から光が射す位置に飾ることが定められている。
陽の部分により光を感じ、陰の部分を更に強調する。

仮に逆方向の光の場所に同様の掛け軸をかけるとどうにも居心地の悪い見え方をする。

そんなことを思い出しながらファインダーを覗いて構図を取っていたのだが、こりゃ全く関係ないな(笑)

ところでレタッチの話なのですが・・・

【“draw a diagonal”の続きを読む】
スポンサーサイト

dessin #23

「扉は開かれるのか」


*istDS + CZJ Pancolar80/1.8 & Retouch

錆び付いた扉の向こうにはモノクロームの世界。

【“dessin #23”の続きを読む】

dessin #22


 ※元画像はこちら

先日来モノクロを試していたのですが、PC上での折角のレタッチなのでモノクロの中の一部に色を残すというものを試してみました。
賛否両論であることは明白でしょうが、このような試みも有りかと。


【“dessin #22”の続きを読む】

dessin #21

-- 主の居ぬ家屋にて --


*istDS + CZJ Flektogon20/2.8 + Retouch

金網の向こう側の荒地では様々な生命が息吹いていました。

【“dessin #21”の続きを読む】

dessin #16


PENTAX LX + CZ Planar50/1.4 ZS & Retouch

「蒼の世界:番外編」ということで、データで何かが足らないと感じていた何枚かをモノクロにして少々ノイズを入れてみました。

モノクロの方が質感や雰囲気が出る場合もあるのだなぁと改めて感じました。

レタッチピープル

【“dessin #16”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。